RSS





腸内環境が健康を左右する?














私たちの腸内には、善玉菌や悪玉菌など、
1000種以上・1000兆匹もの腸内細菌が住んでいます。
重さにして、約1.5kgにもなるんです。


腸にはいろいろな種類の腸内細菌が住んでいます。


腸の中では、同じ腸内細菌がまとまって住んでいて、生態系を作っています。

『腸内フローラ』というのは、その腸内細菌の生態系の事。




【腸内細菌も、いろいろ  腸内フローラも人それぞれ】


腸内細菌にはいろんな種類がありますが、
最近、それぞれの菌に特徴があることが少しづつ解明されてきました。

例えば、

●がんになるリスクの高い菌
●肥満になりやすい菌
●臆病で、優柔不断になりやすい菌
●老化を遅らせる菌

                 など…

そして、どんな腸内細菌が住んでいるのか、
その生態系(腸内フローラ)は人それぞれ違います。


その人の健康状態、どんな病気になりやすいのか、性格などが、
腸内フローラに影響されている、ということが分かってきました。







そこで、
病気の予防や老化防止、体質改善や精神疾患の治療に、
『腸内フローラ』を役立てよう、という研究が、世界中でなされています。







腸内細菌は「善玉菌」「悪玉菌」のほかに「日和見菌」に分類されます。

大事なのは、そのバランスです。



※『良いバランス』については、ほかにもいろんな説があります。


●「善玉菌」は、人が健康でいるために必要な物質を生成してくれる菌
●「悪玉菌」は、増えすぎると健康を害する活動を始める菌
●「日和見菌」は、腸内環境によって、善玉菌を応援したり、
悪玉菌を応援したりする、優柔不断な菌




【悪玉菌が優勢になると】

悪玉菌は、増えすぎると健康に害を及ぼします。





ただ、悪玉菌も時には人にとって有益な働きもする、といわれています。

例えば、善玉菌では追い出すことのできない病原菌を追い出したり、
悪玉菌が生み出した代謝物が善玉菌のえさになったり…





【腸内環境と糖尿病】


糖尿病は、血液中のブドウ糖が正常より多くなる(血糖値が高いままになる・上がった血糖値が下がりにくくなる)病気です。


血糖値が高くなっている人の腸を調べると
悪玉菌が優勢になっていることが分かりました。

逆に、血糖値が正常だった人の腸には、
『アッカーマシア菌』という善玉菌が多かった
とのこと。






血糖値のコントロール、糖尿病の予防にも、腸内環境の改善が必要なんですね。









「健康野菜 菊芋」には、
腸内環境に役立つ水様性食物繊維『イヌリン』がたくさん。

おススメです。



腸内環境改善に役立つものは? 乳酸菌と水溶性食物繊維








腸内環境を改善するものとして乳酸菌やビフィズス菌が思い浮かびますね。
ほかにも、食物繊維などがあります。





乳酸菌というと『生きて届く』という宣伝文句で多くの商品が売られています。

あたかも、乳酸菌は『生きて届くこと』だけに価値があるような印象ですね。

でも、最近は『生きて届くことは問題ではない』ということが定説となっています。

それどころか、生菌よりも死んだ菌のほうが、より有益な働きをする場合)もあるんです。

※フェカリスFK-23乳酸菌(死菌)の免疫活性力は、生菌の約3倍です。
また、生きた菌を特殊加工(加熱処理)したFK-23乳酸菌は、有益な成分が濃縮され、また生菌よりも小さい粒なので、一度により多くの乳酸菌をとることができます。





















イヌリンたっぷりの健康野菜「菊芋」をどうぞ。




ページトップへ