RSS





血糖値とAGE






AGE をご存知でしょうか?

血液に蓄積し、老化を進める物質です。

AGE が蓄積すると、老化を進めるだけでなく、
いろいろな病気を引き起こすリスクが高まります。









◆ 『糖化』(AGEの発生)とは? ◆

AGEは『終末糖化産物』のこと

タンパク質
が結びつき、加熱 によって出来る物質のことです。







AGEが人の体(血管)の中に蓄積していく仕組みは2通り。

『AGEが体内で作られる仕組み』と、『AGEを含む食べ物による仕組み』です。











血液中(血管)に長くブドウ糖が留まると、その分、たくさんAGEが作られてしまいます。

つまり…

血糖値  ×  持続時間  =  AGEの蓄積量

そして、これは「老化速度を決める方程式」といえます。




糖尿病は、血糖値(血液中の糖の濃度)が高い状態が続いてしまう病気です。

糖尿病の人は、AGEが蓄積しやすく、健康な人の6割増しのAGEが見つかるのだそうです。












それから、お肉や魚の焦げ目などにも、AGEがあることが分かっています。


トーストやコロッケなどの焦げた部分、お肉やお魚の焦げた部分は、
食べないほうがいいですね。



ページトップへ