RSS
 

GI値ってなんですか?

GI値

A. GI値は、日本語で「食後血糖上昇指数」と言われることもありますが、ブドウ糖を摂取した後の血糖値上昇率を100として、それを基準に、同量摂取したときの食品ごとの血糖上昇率をパーセンテージで表した数値のことです。

GI値が高いほど食後の血糖値を上げやすく、低いほど上げにくくなります。


gi値

ただ、GI値は、調理や加工方法、組み合わせや咀嚼回数などによっても変わります。


・GI値が高いものでも、牛乳や酢、食物繊維を組み合わせると、GI値が下がるようです。

・長くゆでたり、すりおろす、つぶす、といった調理は、吸収率を高めてしまいます。食物繊維を残すことがポイント。

・食物繊維は消化に手間取り、急激な血糖値の上昇を抑えてくれます。だから、食物繊維を多く含む野菜などを先に食べ、そのあとにご飯や肉類などを食べると消化が遅れ、血糖値の上昇が穏やかになります。




◆カロリーとGI値

食事療法<ダイエット>というと、カロリーばかり気にしがちです。
でも、カロリーが低くてもGI値が高いものもあれば、その逆もあります

例えば、じゃがいもと人参は、カロリーが低めでも、GI値が高いことで知られています。(調理方法などにもよりますが…)


ただ、糖質を気にすれば、カロリーやその他について、気にしなくてもいい、ということでは決してありません。
食べすぎれば太りますし、エネルギー摂取が多すぎると血糖値は上がります。


◆やり過ぎは厳禁! 

ブドウ糖は大事なエネルギー源です。
適度な運動により、蓄えたエネルギーを使うことも忘れずに!!

問題は、糖質の穴を何で埋めるか、ということなんです。

それから、糖質制限食(糖質制限ダイエット)を長期間続けた場合の安全性については、まだ、しっかりとした検証がなされていません。
何事も「極端」「やりすぎ」はいけません。


GI値の低い食品やその組み合わせを上手に選び、「制限」「我慢」ではなく「管理」「うまく付き合う」という方法で、健康な毎日を送りたいものです。



◆菊芋は「芋」ではなくでんぷんを含みません。たくさん食べても血糖値に影響しないだけでなく、一緒に摂った食べ物の糖質・コレステロール・塩分の吸収を抑え、血糖値の上昇を穏やかにする働きがあります。
ぜひ、お役立てください。




※菊芋について、もっと知りたい方はこちら。



※菊芋商品はこちらでご紹介しています。


ページトップへ